2006年04月18日

スウィートホーム

0042.png

私のゲーム人生の中ではずせないゲームです。
小6(小5?どっちでもええわ)の時にハマって
ました。俗に言う「怖いもの見たさ」です。

・・・買って2日後に後悔しましたw
当時子供の私には脳裏に焼きつきましたね。

0081.png
とか
Monst0C.gif
↑「100の質問」の22番で書いたナタ男です。
 登場の仕方が心臓にきました。


さて、このゲームですが、「バイオハザード」の
ルーツだともいわれているようです。
確かにお金の概念がなく、アイテム数は有限、
館の探検、モンスターとの戦いと様々な共通点は
あるようです。
でも、知ったっこっちゃねえ(笑)
「バイオ」やったことないんですもの。

ストーリーは天才画家・間宮一郎の描いた
フレスコ画を取材するためTV局の5人の
スタッフが、屋敷に潜入。
しかし、突然現れた間宮夫人の亡霊によって
屋敷に閉じ込められてしまい、脱出するための
手段を探す・・・ってとこでしょうか。

このゲーム、シナリオは故伊丹十三監督の映画
「スウィートホーム」が原作ですが映画とは
大きな違いがあります。
「館に閉じ込められて脱出する」という概念は
映画版にはありません。
映画で重要となった設定、人物は再現してますが、
少なくとも人形がしゃべるとかいうのは無いですw

そういえば映画版、古館伊知郎が出てたっけ・・・
上半身だけになって殺されて・・・うっぷ

クリックコーナーです。清き一票をm(__)m

logo80-b.gif banner_04.gif
ファミコン世代のゲームブログ
 〜スーパーファミコンミニは実現するのか?〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ファミコン世代
Excerpt:  (* ^-^)ノこんばんわぁ♪  私が学生の頃ブームだったファミコン。 大してお小遣いもないのに貯金して買った あのゲーム。  いまどきのゲームと比べればショボイ かも知れないが、今な..
Weblog: ATD〜自称アフェリエイター タレピーの日記〜
Tracked: 2008-01-09 00:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。